胃薬のお世話になりません

胃薬のお世話になりません

胃薬のお世話になってばかり、胃薬は常備薬でいつも持ち歩いている、という人は、食事によって胃薬の量を減らしたり、胃薬のお世話にならずに済む方法はいかがでしょうか。

 

 

胃に良い食べ物といえば、商品名にもなっているキャベツです。キャベジンという商品名を効いたことがあるという人は多いと思いますが、このキャベジンというのは、キャベツの成分の一つビタミンUの別名であるキャベジンという名称から来ています。キャベツの中にあるこのビタミンUは、胃の粘膜を保護する働きや、胃酸の分泌を抑えるという働きがある胃にとっても優しい食べ物です。

 

 

また、牛乳やヨーグルトといった乳製品も、胃の表面に膜を張った状態になるため有効です。飲み物で言うと、冷たい飲み物は、胃の負担が大きいので、温かい飲み物、ホットミルクやお茶、野菜スープといったものがオススメです。キャベツのスープなら、スープに溶け出したキャベツの成分まで余すことなく摂取することができますよ。このように、食生活を少し配慮するだけでも、私たちの内蔵環境はとても良くなります。冷たいビールが美味しいことはよ〜く存じていますが、今日からは、野菜スープで乾杯!・・・とはいかないか。